社会を変える!阪大の産学連携

―阪大の産学連携が社会を変えた―

本学の産学連携は、実学の伝統を生かし、基礎と応用のバランスをもって社会の付託に応える教育研究を実践しています。

1967年には、「世界で初めての自動改札機の導入」があり、これは、阪急北千里駅においてパンチカード方式による定期券用自動改札機と磁気(バーコード)方式の普通乗車券用自動改札機による世界最初の自動改札システムで東海道新幹線などと並んでIEEE(アイトリプルイー)のマイルストーンに選ばれた歴史的偉業です。

2005年には、国産初の抗体医薬品で、中外製薬と共同開発した「トシリズマブ」がキャッスルマン病治療薬として承認されました。この薬は関節リウマチ治療薬として適応拡大し、2013年には世界の売上高が10億スイスフラン以上になり、ブロックバスターの仲間入りをしました。

最近では、飛行機内に乗客が持ち込む飲料を容器外から検知して、爆発物かそうでないかを見分ける「近赤外光による液体爆発物等の検査技術の発明」があります。本発明は、大阪大学で研究開発された後、株式会社熊平製作所において製品として開発され、国内の空港のみならず、海外の一部の空港での利用も始まっており、テロ対策として安全安心の社会構築に大きく貢献しています。

―産学連携の歴史―

技術シーズをベースとして実施していた個別の共同研究から、2006年度には1研究室と企業の1部門が組織的に実施する共同研究講座(部門)制度を創設し、その後、2011年度には、企業の研究所を学内に誘致(Industry on Campus)し、学際的で多面的な活動を行う協働研究所制度を導入しました。このように大阪大学は、常に産業界との対話を通して必要な新たな施策を先見して講じています。

2016年度には、共同研究講座(部門)や協働研究所制度からさらに連携を深化した企業との包括連携契約による新たな組織対組織の大型産学連携を日本で初めて開始しました。この大型産学連携は、これまでの産学連携から産学共創のステージに活動を進化し、基礎研究の段階や共同研究の課題設定の段階から大学と企業とが互いの知と力をあわせて、課題設定の段階からともに取り組むところに特徴があります。

Open Innovation 産学連携の歴史