活動方針

社会の課題が複雑化し、将来の社会ニーズを予測することが困難となった今、大阪大学は社会の多様なステークホルダーと共に取り組むべき課題の検討段階や基礎研究の段階から協働する「共創型」の連携に積極的に取り組んでいます。

ビジョンを共有し、知と力を合わせて共に課題に取り組むことで、社会課題の解決や新しい社会価値の創造を目指します。

また共創機構は、大学全体の共創活動の窓口・司令塔として、共創活動を積極的に推進するとともに、研究成果を社会に実装していく中で明らかになる新たな問題点や研究課題を収集・分析して基礎研究の現場に戻し、そこで得られた研究成果を再び社会に実装していく、「研究開発エコシステム」の構築に取り組んでいます。

大阪大学の強みを生かした知・人材・資金の好循環の実現