組織・体制

産学官民との共創による「知」と「人材」と「資金」の好循環を目指して、2018年1月に学内外をつなぐ中核組織として共創機構を立ち上げました。機構長の統括の下、以下の部門及び室の活動を通じて産学官連携活動を推進しています。

従来の産学連携活動(知財やVB育成)に軸足を置きつつも、地域連携、ファンドレイジング機能の強化も進めており、2020年4月には、外部からのワンストップの相談窓口として、産学官連携オフィスを立ち上げ、さらに同年10月には、企業との共同研究等の契約窓口として、共同研究支援室を立ち上げました。