学術相談

概要

企業等における特定の研究・技術課題等について、企業等からの委託を受けて大阪大学の研究者が専門的知識に基づき助言等を行う制度です。研究者個人ではなく大阪大学が契約主体となり、受託事業として請け負います。

必要経費

直接経費及び間接経費の合計です。

直接経費
学術相談遂行のために必要となる謝金、旅費、消耗品費、光熱水料、研究支援者等人件費、設備購入費等の直接的な経費。
【1時間あたり2万円(税抜)以上】
間接経費
学術相談に関連し、直接経費以外に必要となる経費。
  • 必要経費の1年間あたりの総額は200万円(税抜)を上限とさせていただきます。
  • 申込受諾の決定より一週間程度で本学の研究者の所属研究科等担当係から申込書兼受諾書及び請求書をお送りします。

契約期間

制限はありません。年度を跨ぐことも可能です。

留意事項

本制度は助言等を行うものであり、御社の研究開発に直接関与したり、製品の宣伝等を行うことはできません。
知的財産が生じる可能性が高い場合は、他の制度をご検討ください。

学術相談フロー

必要に応じて各段階で「秘密保持契約」を締結することができます。

  • 企業 企業等が行うこと
  • 本学 本学が行うこと
  • 企業
  • 本学

1 御社ご担当者様と本学の研究者との間で、相談内容が学術相談に該当するかどうか、確認フロー図によりご確認ください。
本学の研究者については、研究者総覧から検索いただけます。
その他ご不明な点があればお問合せフォームからご相談ください。

  • 企業

2 学術相談申込書兼受諾書を本学の研究者の所属研究科等へご送付ください。

  • 本学

3 審議のうえ申込を受諾することが決定した場合、決定より一週間程度で本学の研究者の所属研究科等から学術相談申込書兼受諾書及び請求書をお送りします。

  • 企業

4 請求書に記載されている期日までに、必要経費をご入金ください。

学術相談申込書兼受諾書等の様式・関係規程

お問合せ先

お問合せページをご覧ください。(FAQもご参照ください)