大阪大学共創機構

推進力を持つ
一元化窓口として
大阪大学と社会の共創活動を
支えます

機構長(総長) 西尾 章治郎
機構長(総長)
西尾 章治郎

大阪大学の精神的源流は、18世紀の大坂商人たちが自発的に開いた学び舎である「懐徳堂」、19世紀に西洋の学問を志した若者が藩の枠を超えて集まった「適塾」に求めることができます。その系譜は、地元政財界と市民の熱い要請によって誕生した大阪帝国大学を経て、現在の大阪大学につながります。

本学は、まさに社会の要請に応え、社会の支援によって創設された大学です。2031年に迎える創立100周年を視野に、今こそ原点に立ち戻るべく、「University in Society, University for Society」の精神のもと、2018年1月に学内外をつなぐ中核組織として「共創機構」を立ち上げました。

「共創(Co-creation)」とは、社会と「共に新たな価値を創造する」ことを目指す理念です。企業、自治体、各種団体、地域社会、他大学、そして広く市民の皆さまなど多様な担い手との「共創」によって、本学は、新たな知の創出、人材育成、イノベーションの創出に尽くしていきます。

さまざまな社会課題の解決に向けて、大学が人文学・社会科学分野、自然科学分野を問わず全ての垣根を取り払い、一体となって立ち向かうために、共創機構は、その核となり、大阪大学の活動、使命達成のためのエンジンとなります。

また、2018年10月には文部科学省から「指定国立大学法人」に指定され、「世界屈指のイノベーティブな大学」を構成員一丸となって目指しているところです。共創機構はその方向を見据える羅針盤、大学全体の共創活動を統括する司令塔としての役割をも担います。

本学はこれまでも、国内外の産業界との連携により卓越した研究成果を挙げ、産学連携から産学共創という新たなステージを迎えるとともに、市民との多岐にわたる交流で社学共創を進め、基金の活用や卒業生との連携により新たなネットワーク構築を展開してまいりました。これらの良好な関係を保ちつつ、社会との連携をさらに積極的に推進し、社会変革に貢献していきたいと思っております。

そして、共創機構が全学の一元化窓口となって、皆さまに本学の教育・研究活動の最先端の魅力をお伝えします。そして皆さまからは、共創機構を通じて、本学へのさまざまなご要望、ご意見を届けていただければ幸いです。

共創(Co-Creation)

共創(Co-Creation) イメージ図

概要

概要 イメージ図

組織

組織図
  • 副機構長 金田 安史
    産学共創・渉外本部長
    金田 安史
  • 社学共創本部長 永田 靖
    社学共創本部長
    永田 靖

産学共創・渉外本部

全国に先駆け「共同研究講座」や「協働研究所」を設置し、「官民イノベーションプログラム」も積極的に進めてきた実績をもとに、革新的な共創イノベーションの創出を目指します。さらなる研究シーズの発掘、人材の育成、知的財産の管理・運用、研究拠点の形成などを進め、イノベーションを軸とした「共創型連携」を実現していきます。 「大阪大学未来基金」を中心に、更なる基金の拡充に向け、国内外の同窓会や共同研究企業等と密に連携し、一体的でより機動的、効果的な活動を目指しています。

社学共創本部

大学に社会の声を一層反映させ、社会貢献をさらに加速させるべく、「21世紀懐徳堂」「総合学術博物館」「適塾記念センター」「アーカイブズ」という4組織から生まれた組織です。
大学を「知の社交空間」として、産学官のみならず広く市民社会に開き、様々なステークホルダーとの交流を促進します。大学人の専門知と社会の「新たな統合」により、地域社会やグローバル社会の心豊かな発展に貢献していきます。

広報室

機構内の各組織の教職員で構成し、学内の他の広報部門とも連携を取りながら、大学横断の広報活動に努めています。このホームページも運営し、機構の活動を広くPRするとともに、学内外からのご要望、ご意見にも対応させていただきます。

広報室長 嶋谷泰典

広報室長の嶋谷泰典でございます。西尾章治郎総長から「大学外からの目線も交えながら、共創機構を運営するように」との指示を与えられました。新聞記者として多くの方々と接した経験を生かしながら、企業、自治体、市民団体、教育機関などとの橋渡し役を務めさせていただいています。気軽にご要望などお寄せください。

お問合せ・アクセス

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2番8号
テクノアライアンス棟2階
大阪大学 共創機構 広報室
電話番号 : 06-6879-7111
メール : kyousou-sangaku-jigyo"at"office.osaka-u.ac.jp
"at"は@に置き換えてください。